お知らせ

ホーム > 蔵元からのお知らせ > 第1回 澤乃井櫛かんざし美術館茶会
  • 商品一覧
  • 澤乃井ネットショップ
  • 蔵守
  • 酒蔵見学
  • きき酒処
  • 清流ガーデン
  • 澤乃井ギャラリー
  • 営業カレンダー
  • 社員Aの報告
  • 奥多摩地酒澤乃井メールマガジ
蔵元からのお知らせ

第1回 澤乃井櫛かんざし美術館茶会

茶の文化フォーラム&小澤酒造 PREZENTS

第1回 澤乃井櫛かんざし美術館茶会

自然豊かな御岳渓谷を眺めながら、沢井の名水から生まれた日本酒と当日挽いたばかりの抹茶で一服を楽しんでみませんか!?

9月に開催予定で延期となった澤乃井茶会について、櫛かんざし美術館にて下記の日程で開催いたします。

澤乃井 櫛かんざし美術館は、収集家として著名であった岡崎智予さんのコレクションを一括継承し、さらに新規の収蔵品を加えて、集大成したものです。

お酒・抹茶・御岳渓谷の景観と共に名品の数々をお楽しみ下さい。

【日時】2021年11月13日(土)、14日(日)

➀11時~ ➁12時~ ③13時~ ➃14時~ ➄15時~

※定員 各回10名

【会費】3000円(入館の際は会費とは別に入館料大人600円をお支払い下さい。会費は当日茶会受付にお支払い下さい)

【場所】櫛かんざし美術館

〒198-0064 東京都青梅市柚木町3-764-1

JR沢井駅から徒歩10分

http://kushikanzashi.jp

【内容】正式な茶会では前半の主役がお酒で後半の主役は抹茶です。蔵元厳選の3種のお酒に3種の肴を添えて式三献の形式でお出しいたします。

打ち立ての干菓子に引き立ての抹茶。最高級の宇治の碾茶を朝一番で石臼で挽きます。澤乃井の仕込み水で点てた抹茶。その馥郁たる自然の香りとまろやかで滋味深い味わいで新たな抹茶の世界をお楽しみください。手で触れると崩れてしまいそうな繊細で優しい打ち立ての和三盆。そして口の中で儚くも優しく溶けてゆく甘い味わい。究極の抹茶と至高の和三盆の出会いは、この茶会でしか出会えません。和三盆は東久留米・象東の熟練の職人三浦和子さんが、名人と謳われる木型職人の菓子木型をもって実演にて打ち出します。

立礼席(椅子席)ですので正座の苦手な方も、お気軽にご参加できます。

野外での茶会ではありますが、1グループ3名様までとさせていただきます。

【申し込み】kochuan@me.comまで

下記フォーマットにてお願いいたします。

件名 茶会申込

①お名前

②メールアドレス

③参加人数  名(合計)

同伴者氏名1

④第1希望   時

第2希望   時

【お問い合わせ】

kochuan@me.com 又は 茶の文化フォーラム(株)TEL 0428-85-8526(堀内)

【共催】茶の文化フォーラム(株) 小澤酒造(株)

※新型コロナウイルス感染症の状況より内容が変更となる場合がございます。

2021/10/29
ページトップへ