しんちゃん食堂

「焼き秋刀魚の南蛮漬け」と「ひやおろし」

2016.09.27

しんちゃん食堂第一回は、秋の食材…といえばやっぱり秋刀魚!

この時期は脂が乗ってきますが、少々くどくなるので今回は南蛮酢でさっぱりと食べたいと思います。

焼き秋刀魚の南蛮漬け小2

材料(4人分)
<南蛮酢>
さんま    4尾          めんつゆ(2倍濃縮)   80cc
玉ねぎ     1個          酢           40cc
パプリカ  1/2個          水          大さじ1
みょうが   1個          砂糖         大さじ1
大葉   2~3枚
塩     適量

さんまは表面を確認して青いうろこが付いていたら尻尾から頭向けて包丁の先でなでるように取ります。その後サッと水洗いしキッチンペーパーで水をよくふき取ります。

塩を振って焼いていきますが、今回は漬け酢に塩気があるので塩焼きのようには振らなくてよいです。

さんま1小

さんまをグリルに入れたら火加減は中火で、両面グリルの場合10分弱焼。片側の場合は、5~7分焼いたらひっくり返して4分くらい焼きます。いい焼き色が付いたら取り分けやすい大きさ(1/2~1/3)にカットします。

さんま2小

南蛮酢の材料を混ぜておき、玉ねぎ・パプリカを薄くスライスして漬けておく。玉ねぎは酢に浸かるので水にさらす必要はないです。さんまも浸して冷蔵庫で30分程度寝かせます。

器に盛り付け、みょうがの千切り・大葉をあしらい完成!

さんま3小

ひやおろしのまろやかな旨みと、秋刀魚の程よい脂はやはり相性抜群。南蛮の酢がさっぱり締めてくれます。

ページトップへ