社長コラム

親孝行ネクタイ紛失事件の真相

2008.07.08
ストライプがプレゼントのネクタイ

ストライプがプレゼントのネクタイ

平成20年3月、某大学卒業。同年4月某食品流通会社就職。
予定より一年遅れながら、長男今春なんとか卒業なんとか就職。勤め先、都心の更に向こう寄り。住まいは決定、社員寮。ほとんど帰ることはないだろう、と本人言。5月3日(土)連休、長男帰宅。初任給ネクタイ父親プレゼント。母親もプレゼントもあったらしい。

 

ざっくり黄色のネクタイ、若さたっぷり長男的。父親着用の場合、ちょい悪親父スタイル以外、選択肢なし。ジャケット新調必至。

 

なれど父親、感無量。

 

箱から取り出し洋服ダンス収納。現段階では装着困難。
 

6月1日(日)、6月6日(金)帰宅予定と連絡あり。何げなく覗いた洋服ダンスに黄色なし、なんで・・・?
嫁さんに聞くも「えーどっかにあんじゃないのー、知らないよー」と非協力的。じいさんの洋服ダンスに黄色のネクタイあり。ちょっと違うようにも思うが一応ゲット。自分の洋服ダンスにとりあえず収納。

 

可能性【1】 じいさんが自分のものと間違えて、自分の洋服ダンスにしまった。
可能性【2】 じいさん以外の誰かが間違えて、じいさんの洋服ダンスにしまった。

 

色は黄色なれど違うネクタイの可能性あり、その場合。

 

推理【1】 長男がデート等の重要な目的のためにちょい借りした。
推理【2】 どこかに混じってしまい所在不明になっている。

 

長男帰宅時、最低限自分の責任無し状態に誘導すべく熟考。
推理【1】の確認以外やることなし決意、危険なれど可能性高し。
長男に話す。

 

「幹(みき)にもらったネクタイ見当たらないんだけど、知らない?」
「えー、ふざけんじゃねえよ、せっかく買ったのにさあ」
(しまった、はずれたぁ)

 

「でも俺、知らないんだよね、ちゃんと洋服ダンス入れたんだからさあ」
「何してんだよー」
「えーだって本当知らないんだよ」
「まったくー」

 

6月6日(金)予定どおり長男帰宅。長男自分の部屋に入り
「これ俺がお父さんにやったやつじゃん」
「えっえっえー、なんでここにあんのー、しかもクリーニングにかけられてるー、
 一回も使ってないのにー」

 

長男の部屋に見覚えあるネクタイ約10本。

 

そういえば嫁さん
「幹、ネクタイないからお父さんの何本かあげていい?」に対し
「いいよ」と言った記憶あり。
犯人即刻逮捕。

 

結局どういうことかというと、嫁さんがネクタイを三本しか持っていない長男のために、父親の洋服ダンスから長男向きと思われるネクタイをチョイスし、クリーニングに出し長男の部屋にしまったのでした。
初任給父親プレゼントネクタイはその中にあったのでした。
犯人は反省なく「あってよかったねー」と言いました。

 

じいさんのネクタイが密かに元に戻されたことは言うまでもありません。
 
 
【登場人物紹介】
長男・・・幹夫(みきお)  じいさん・・・会長

ページトップへ