しんちゃん食堂

「鮭の白子」と「東京蔵人」

2016.12.24

材料(4人分)

早いもので、年内も余日少なくなりましたが、燗酒がおいしい季節という事でもありますね。

というわけで今回は、澤乃井今年の新商品、生酛造り純米吟醸「東京蔵人」をぬる燗で、鮭の精巣「白子」と合わせてみました!

蔵人350

鮭の白子は比較的安価に手に入るので、ちょっと多めに購入し、蒸・茹・煮の3段活用でお送りしたいと思います。

「蒸」 まずはホイル蒸し。白子は臭みがあるので下処理はしっかりしましょう。

牛乳200

白子       300g
しいたけ     4個          塩      少々
舞茸      1房          酒        適量
しめじ         1房          青ネギ    適量

※白子の臭み取り⇒白子の血合いを取り除いたら、一口大に切りスライスした生姜と一緒に牛乳に漬け、30分程冷蔵庫へ入れて置き、流水でよく洗う。

しいたけは軸を取りスライスし、舞茸・しめじは石づきを取り子房に分ける。

白子ときのこをアルミホイルに入れ、塩少々と酒を振りかける。

ホイルの口を閉じトースターで15分加熱し蒸し焼きにする。

刻んだ青ネギを散らし、すだちを搾っていただきます。

ホイル盛り201

「茹」 続いてはシンプルに茹でて、大根おろしとポン酢で!

白子         200g         大根     適量
大葉       1枚          ポン酢      適量

下処理した白子を沸騰手前のお湯に入れ2分ほど茹で、氷水に入れて〆ます。キッチンペーパーで水気をふき取り、大根をおろしを載せ完成。

茹でおろし200-3

「煮」 最後は甘辛く煮付けてみました。

白子        200g         生姜     1かけ
☆水          100ml         ☆醤油     大さじ2
☆みりん     大さじ1             ☆酒        大さじ2
☆砂糖     大さじ1

☆を鍋に入れ煮立ったら、下処理した白子を入れ中火で10分程煮る。器に盛り、千切りにした生姜を載せて完成。

煮付け200「白子3タイプ」と「東京蔵人」、

「蒸」の塩味は吟醸の香りを引き立ててくれます、

「茹」ではポン酢の酸味とお酒の程よい酸と良く合いました、

「煮」では白子の旨味とお酒の旨味の相性が良く感じられました。

3点完成350

これからの時期は色々な魚の白子が出回ります。

海の旨味が凝縮されて、日本酒との相性もバッチリ!

下処理はちょっと手間ですが、調理法や味付けを工夫して作ってみて下さい!

ページトップへ