しんちゃん食堂

澤乃井 酒粕「酒の華レシピ」

2017.12.19

酒粕 材料 400 再

今年も残すところわずかとなりましたが、酒造りは最盛期を迎え、蔵の中は活気に溢れています。新酒ができるという事は、酒粕もでてきます。酒造りの工程で上槽という作業があります。発酵の済んだ醪(もろみ)は圧搾機にかけられ、液体と固体に分けられます。この液体が清酒になり、固体部分が酒粕となります。

という事で今回は、澤乃井の酒粕「酒の華」を使ったレシピを紹介します!

「酒粕とスモークサーモンのディップ」

ディップ 完成 400 蒼天原酒

材料(2人分)
酒粕        30g        レッドオニオン   1/4個
クリームチーズ   30g        パセリ       適量
スモークサーモン  30g        塩         適量
バケット      適量

1、レッドオニオン・パセリをみじん切りにする。オニオンは30分程度水にさらし、ザルに上げておく。

2、耐熱容器に刻んだ酒粕・クリームチーズ・水大さじ1を入れ、電子レンジで30秒~1分加熱し、よく練り合わせ荒熱を取る。

3、スモークサーモンを細かく刻む。

4、大きめのボウルに1・2・3と塩を入れ混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分寝かせる。

5、バケットを2cmの厚さで切り、トースターで焼く。

6、器に盛り完成。

ディップ 途中 300

スモークサーモンの塩気をみて、味見しながら塩を足して下さい。

酒粕とクリームチーズの相性はピッタリ!スモークサーモンの旨味と相まってよりおいしい。

この時期限定の純米吟醸「蒼天原酒」と一緒にどうぞ!

「豚ロースの粕漬け」

ロース 完成 400

材料(2人分)
豚ロース     2枚         塩       適量
☆酒粕      150g      ☆みりん    大さじ1
☆味噌      30g        ☆酒      大さじ1

1、豚ロースに塩を軽く振り、30分程置き水気を拭き取る。

2、大きめのボウルに☆を入れ、よく混ぜ合わせ粕床をつくる。(固いようなら酒を少量足す)

3、バットに粕床を敷き、ロース肉を漬け込む。ラップで覆い、冷蔵庫で半日~1日寝かせる。

4、粕をぬぐい、サラダ油を熱したフライパンで両面を焼く。(焦げやすいので火加減に注意)

5、一口大に切り、器に盛り完成。

ロース 漬け 300

初めに塩を振る事で肉の水分が抜け、酒粕と味噌の風味が入りやすくなります。

合わせるお酒は、純米・生酛造り「元禄」。お酒の甘み・酸味が豚肉の旨味を引き立たせます。

粕床は魚にも使えますし、漬け終わったものは粕汁などにも使えます。

「酒粕豆乳プリン」

プリン 完成 400

材料(4コ分)
酒粕       60g         卵黄        2個
豆乳       400ml        バニラエッセンス  2~3滴
グラニュー糖   60g

1、酒粕を分量の豆乳に浸し、ペースト状に溶かす。(酒粕が固いようなら、少し加熱する)

2、1に溶いた卵黄とグラニュー糖を入れよく混ぜ、バニラエッセンスを加える。

3、濾し器等で濾す。(なければザルなどで濾す)

4、ココット等(お猪口でも!)に流し入れ、一つずつラップをし蒸し器で15分程蒸す。(弱火)

5、少し振って固まっていれば取り出し、荒熱を取り冷蔵庫で冷やして完成。

プリン 蒸し 300 再

しっかり濾すことで口当たりがなめらかになります。

酒粕の風味と豆乳のコクが相性抜群!

プリンの他にも、ホットケーキに入れたり、色々なスイーツにも使えます。


酒粕を料理に使いますと、風味や味わいも然ることながら、健康面での効能も期待できますので(みそ汁やカレーに少しいれたり)、ぜひ毎日の食事に少しずつ取り入れてみて下さい!

澤乃井 酒粕「酒の華」は、澤乃井取扱店や蔵元売店で販売しております。※冬期販売期間においても、欠品する場合がございますのでお問い合わせください。

それでは、良いお年をお迎えください。

ページトップへ